タヌキおやじの日々の生活 藤木久志「土一揆と城の戦国を行く」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤木久志「土一揆と城の戦国を行く」を読破!!

土一揆と城の戦国を行く (朝日選書)土一揆と城の戦国を行く (朝日選書)
(2006/10)
藤木 久志

商品詳細を見る


著者の藤木久志氏は、日本の歴史学者。
専門は日本中世史。立教大学名誉教授、東北大学文学博士だそうな。
この人の著作は、ブログを始める前に読んだことがあるような気がする。
この人は、中世史でも、特に戦国時代に庶民がどのように生きのびたかに関心があるらしい。
キーワードは、飢餓、戦国、城、村、苅田、危機管理である。

内容紹介(カバー裏面より引用)
『いま世界各地に広がり続ける深刻な内戦の戦場と難民たちの運命に想いをはせるとき、日本の戦国時代もまた、「内戦の時代」であったという厳しい史実を忘れてはなるまい。
各地に残る史料と実地調査によってダイナミックに描いた、飢餓と戦争に苦悶する戦国の町と村の実像と、そんな世をしたたかに生きる人々の姿―――。
さらに内戦の時代に領主から村や町までが地元の山の上に築いた無数の山城はどうなったのか、「山城停止伝承」を発掘することによって、「戦争から平和へ」という大きな歴史の転換の過程を明らかにする。
「雑兵たちの戦場」で思いがけない戦国像を展開した著者の「戦国の村を行く」「飢餓と戦争の戦国を行く」に続く「戦国を行く」シリーズ第3弾!』

目次はというと、、、
はしがき
Ⅰ 土一揆と戦争
 一 土一揆と村の暴力
 ニ 一向一揆と飢饉・戦争
 三 戦国の村の退転―――戦禍と災害の村
 四 戦場の村の記憶
Ⅱ 戦場の村と城
 五 戦国九州の村と城
 六 内戦のなかの村と町と城
 七 戦国比企の城と村―――シンポジウムに寄せて
 八 山城停止令の発見
あとがき
という感じです。

応仁の乱の期間は、ちょうど寒冷期であって、飢饉が頻発した時期でもあったそうだ。
その飢饉が、土一揆(つちいっき)という民衆の蜂起を起こさせる一因になった。
その結果、幕府は、徳政令をひんぱんに出す羽目になった。
ここらへんは、少し歴史に詳しい人であるならば、知っていることであろう。
面白いのは、飢饉に強い職業の記載だ。
要約して書くと、農民は飢饉に弱く、桶造りや鍛冶(鎌などの農具)や刀研ぎ(鎌を研ぐ)などは、生活必需品なので、飢饉の影響を受けないそうだ。
また、さまざまな食品を売る商人も、飢えを知らないとのこと。
そして、染物屋、武具商、銀細工などの高級品を扱う職種は、やばいということだ。
現代という混沌とした世の中をサバイバルする吾輩にとって、示唆的な記載である。

また、やっていけなくなった農民が、逃散(ここでは退転といっている)することも多く、戦国大名たちは、逃散した農民たちを元の村に戻すことに腐心している。
武蔵の国の比企郡では、集落の跡が、15世紀後半までの痕跡しか残っていないものと、15世紀後半から痕跡が始まるものとに、ほぼ二分されるそうだ。
戦国時代の農民の苛酷な状況が目に浮かぶ。

また、敵方の軍勢による苅田や人さらいもされていたと。。。
その例として、伊予国(現愛媛県)での例を挙げている。
その対策として、領内の人員を総動員して、収穫を早めたり、涙ぐましい努力がされたようだ。
また、農民たちは、緊急避難場所として、自らの城を用意する例もあったと。。。

吾輩は、最近まで、戦国時代の戦争は、武士だけでやっていて、農民は関係なかったと思い込んでいたが、これは間違いであったようだ。
戦国時代の戦争に参加した兵力のほとんどが、農村からの徴集であったからだ。
また、戦争ともなると、戦場の農村は、略奪、人さらいの対象となった。

惣構えの城というのは、それらの災難から領民を守るための解であったようだ。
そういえば、惣構えの城ができるのは、戦国末期であるような気がする。
また、惣構えの城ではなくても、戦時に、領主の城に領民が避難するのは、一般的であったようだ。
戦国時代の戦争は、武士だけによるものという固定観念をやぶってくれる良書といってよいと思う。

自分の評価
★★★★☆80点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。