タヌキおやじの日々の生活 吉川忠夫「秦の始皇帝」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉川忠夫「秦の始皇帝」を読破!!

秦の始皇帝 (講談社学術文庫)秦の始皇帝 (講談社学術文庫)
(2002/02)
吉川 忠夫

商品詳細を見る


著者の吉川忠夫氏は、東洋史学者で京都大学名誉教授、専門は中国中世思想史だそうな。
題名の通り、中国古代の最初の皇帝、秦の始皇帝について書いた本である。
秦(しん、紀元前778年~紀元前206年)は、中国の王朝。
周代、春秋時代、戦国時代にわたって存在し、紀元前221年に中国を統一したが、紀元前206年に滅亡した。
統一時の首都は咸陽だそうな。
まあ、この辺の知識は、すこし中国史に詳しい人であれば当然の如く知っているだろう。
しかし、秦が紀元前778年から興隆したということは、意外に長く続いて、中国統一を果たした直後に滅びたようだ。
秦が中国統一を果たしたのも、後に始皇帝を名乗る秦王・政の力量のためであったし、秦が束の間の絶頂期を迎えた直後にあっけなくほろんだのも秦王・政の苛烈な政治のためであったと思う。
ただ、始皇帝は、中国の歴史に対して最も影響を与えた人物といってよいのではなかろうかと思う。

内容の紹介(カバー裏面より引用)
『初めて中国統一をなしとげ「始皇帝」を名乗った男は、以後二千年、連綿と続く中華帝国システムを築いた。
郡県制施行による中央集権体制の確立。
度量衡の統一と文字・貨幣の制定。
さらに焚書坑儒として伝えられる思想・言論の統制と、万里の長城の修築・・・・。
兵馬俑に守られた広大な陵墓に葬られた稀代の英雄の生涯と真実を、中国古代史の泰斗が活写する。』

目次
はじめに―――西安へ
第一章 奇貨居くべし―――始皇帝は呂不韋の子か
第二章 逐客令―――秦国の発展
第三章 統一への道―――六国併合
第四章 天下統一―――皇帝の誕生
第五章 咸陽―――阿房宮と驪山陵
第六章 天下巡遊―――刻石と『霊夢秦簡』
第七章 方士と儒生―――封禅と焚書坑儒
第八章 祖竜死す―――秦帝国の崩壊
終章 秦時のたく轢鑽―――後世の始皇帝評価

本書の内容だが、すこしばかり、構成的に読みづらいところがあるように感じる。
他国の人質であった始皇帝の父親が秦王になる場面が書かれ、秦のそれまでの歴史が書かれ、、、と、始皇帝の父親の子楚とそれを助けた商人、呂不韋などは、吾輩も知っているが、それまでの秦の歴史などは、あまり知らなく、説明もわかりづらかった。
ただ、始皇帝の業績は、すべて彼の独創というわけではなく、それまでの王や丞相の業績を土台にしたものであるということは何となく読み取れたのかなと思う。
後世の評価として一般的なのは、中央集権体制の確立、度量衡の統一、文字・貨幣の制定、万里の長城の修築などは、評価されていて、焚書坑儒や苛烈な法家思想による刑罰主義や阿房宮・驪山陵の造営は、評価されていないというところだろうか。
ちなみに、焚書・坑儒(ふんしょ・こうじゅ)とは、始皇帝が行った思想弾圧であり、「書を燃やし、儒者を坑する(儒者を生き埋めにする)」の意味である。
自由主義世界に住む吾輩としては、思想弾圧はいかんだろう~という感じであるが、実際、行き過ぎた思想弾圧は、始皇帝亡き後の秦王朝の滅亡につながった。
過ぎたるは及ばざるが如し、、、である。
この後に、項羽と劉邦の戦いがあって、漢王朝が興隆するのだが、その背景を知るためにも知っておくべきだし、春秋戦国時代がどのように終息したかを知るためにも、ためになる本であると思う。
ただ、いろんな人が、予備知識なく出てくるので、訳分からなくなるところ多しである。

自分の評価
★★★☆☆50点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。