タヌキおやじの日々の生活 東野圭吾「私が彼を殺した」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾「私が彼を殺した」を読破!!

私が彼を殺した (講談社文庫)私が彼を殺した (講談社文庫)
(2002/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野圭吾の「私が彼を殺した」を再読する。
加賀恭一郎刑事シリーズ物である。
加賀恭一郎が中盤になるまで出てこなかったので、吾輩などは、中盤になって初めてこの小説が加賀恭一郎シリーズの本であることを知った。
「どちらかが彼女を殺した」と似ている構成であったが、心理描写のうまさと、トリックの巧妙さが出ていて、面白かった。
東野作品でも、傑作の部類に入る作品ではないかと思う。

あらすじはというと、結婚式を目前に控えたカップルと、花嫁の兄と、花嫁が書く詩の編集者と、花婿の腹心との目の前に、花婿に裏切られた女性が現れる。
そして、式の前にその女性は、花婿の家で自殺し、花婿と、その腹心は、そのことを隠そうとする。
その後、式の直前、まさに花婿が教会に入場するとき、花婿は、毒を盛られて死んでしまう。
その毒は、自殺した女性が手に入れた物であった。
しかし、自殺した女性が花婿を殺したにしては、おかしい事実が浮かび上がる。
だれが、花婿を殺したのか???

花嫁の兄である神林貴弘の視点で書かれた「神林貴弘の章」、花婿の腹心である駿河直之の視点で書かれた「駿河直之の章」、花嫁が書く詩の編集者である雪笹香織の視点で書かれた「雪笹香織の章」が交互に繰り返されるという構成になっている。
この三人が、花婿のピルケースに毒物入りのカプセルを仕込むことができた容疑者であるのだが、少なくとも駿河直之と雪笹香織は自分が花婿を殺したと思っている。
しかし、次々に新たな事実が判明し、そのたびに事態が急転し続ける。
また、そのたびに容疑者たちと加賀刑事で心理的な駆け引きが繰り広げられる。

最後の加賀刑事の言葉。
「犯人はあなたです。」
と、犯人を小説では明らかにしないでヒントだけとする結果となっている。
おまけとして閉じ込みでヒントがついている。
しかし、吾輩は、まったく犯人が分からなかったので、ネタばれサイトで犯人を知るという反則技を使った。
考えるのが、めんどくさかったのだが、理系の人間としては失格である(苦笑)
いろいろなサイトを見ていると、版によって犯人が異なるようである。
凝っているなあと率直に思う。

近親相姦とかあって気持ちが悪いと思う人もいるかもしれないが、それも含めて東野圭吾小説の魅力が詰まった一冊だと思う。

自分の評価
★★★★☆85点

関連記事
◆書く/読む/喋る/考える◆
東野圭吾さんのファンサイト
※他ブログでの本書のレビュー
東野圭吾「卒業-雪月花殺人ゲーム」を読破!!
東野圭吾「嘘をもうひとつだけ」を読破!!
東野圭吾「悪意」を読破!!
東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」を読破!!
※本ブログにおける加賀恭一郎シリーズのレビュー

2012年8月2日改訂。

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。