タヌキおやじの日々の生活 遺跡シリーズ第15弾『舞子砲台』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺跡シリーズ第15弾『舞子砲台』

舞子砲台跡とは、兵庫県神戸市垂水区の舞子公園にある砲台跡である。
正式には、明石藩舞子台場跡というらしい。

歴史(例によってウィキよりパクリ)
1863年に、将軍徳川家茂による大坂湾の海防状況視察の際に、砲台拡充の幕命を受けた明石城主・松平慶憲により築造された。
工事は勝海舟の設計・総指揮、設備担当は幕使佐藤與之介、施工は明石藩で、ほか神戸海軍操練所等の協力による。
1865年に、竣工する。
建設の目的は、淡路島北端(淡路市)の徳島藩松帆台場跡と対になって両岸から明石海峡を通過する黒船を挟撃することであった。
まあ、大阪湾防衛のための台場の一つといってよいだろう。

案内板から借用した航空写真。
赤線が当時の台場の部分で、点線が地中に眠っている部分だそうな。
舞子砲台航空写真01

これも案内板から借用。
赤線が当時の台場の部分。
灰色線の部分が今、公開されている部分である。
舞子砲台航空写真02

2003年に発掘したときの様子。
案内板より借用。
品川台場の石垣に近いのだろうか。
舞子砲台発掘写真01

同じく。
舞子砲台発掘写真02

舞子砲台跡の碑。
舞子砲台001

今は、大砲のレプリカが明石海峡をにらむ。
舞子砲台002

これが、現在公開されている石垣上部。
建築物の石垣であるか、大砲を据え付けるための石垣と推定されるそうな。
舞子砲台003

舞子砲台跡から明石海峡、明石大橋、淡路島を望む。
舞子砲台004

感想
まあ、現在見ることができる遺構は少ないので、あまり積極的に行きたい遺跡ではないような気がする。
兵庫に行ったときに、暇があれば行ってみるとよいと思う。

関連記事
遺跡シリーズ第12弾『品川台場』
遺跡シリーズ第13弾『樺崎砲台』
遺跡シリーズ第14弾『西宮砲台』
グーグルマップ上で見る日本の城郭―タヌキおやじの足跡

参考
国別 城郭・陣屋・要害・台場事典国別 城郭・陣屋・要害・台場事典
(2002/07)
不明

商品詳細を見る


百名城以外の城・砲台跡のインデックス
百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-

管理人の承認後に表示されます
  • 2013-09-17 09:28

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。