タヌキおやじの日々の生活 宮崎駿監督「風立ちぬ」を観る!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎駿監督「風立ちぬ」を観る!!



久しぶりに映画館に映画を観に行った。
それもジブリの「風立ちぬ」。
従来のジブリファンからは、あまり受け入れられないであろうマニアックな作品である。

監督・原作
宮崎駿
出演者
庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎

内容
『大正から昭和にかけての日本が舞台。
群馬県に生まれた堀越二郎は、夢の中でイタリア人飛行機設計家のカプローニと邂逅し、航空機技術者を目指すようになる。
そして、いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。
関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子とある日再会。
二人は恋に落ちるが、菜穂子が結核にかかってしまう。』

公開前の去年から見たいと思っていた作品であった。
が、いろいろあって、観ることができず、最近、一段落ついたので、観てきた。
零式艦上戦闘機の設計主任だった堀越二郎の人生と、堀辰雄の「風立ちぬ」にもとづいて原作を作ったらしい。
喫煙シーンが多いという禁煙学会だったかのクレームとか、軍国日本を取り上げているという韓国の訳分からんクレームとか、いろいろとクレームが多い作品であったが、単純に二つを足して二で割ったというものではなくて、うまく、その時代と、航空設計者の仕事とか、恋愛とかが組み合わさって融合していると思った。
貧乏な日本が、欧米列強の航空産業に追いつこうと、軍事以外のほとんどすべてを犠牲にしていた時代。
それでも、人が大空を目指す原動力は、人間の夢であり、想像力だ。
また、結核という病気に邪魔されつつも、育まれていく二人の恋。
「生きねば」というキャッチフレーズには、その時代、時代を懸命に生きる人のみに共感できる響きが込められている。
ほんとに、おれは、おれの人生を生きねばならぬのだということを思い起こさせてくれた作品であった。
最後の方は、太平洋戦争を全く知らない人は、訳分からんだろうなと思った。
実際、吾輩の後ろに座ってた、カップルは、わけわかんない~って言ってました。

自分の評価
★★★★☆70点

関連記事
堀越二郎、奥宮正武「零戦―日本海軍航空小史」を読破!!

参考
風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)
(1951/01/29)
堀 辰雄

商品詳細を見る


ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。