タヌキおやじの日々の生活 東野圭吾「放課後」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾「放課後」を読破!!

放課後 (講談社文庫)放課後 (講談社文庫)
(1988/07/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野圭吾の「放課後」を再読する。
女子高が舞台のミステリー小説である。
あいかわらず、複雑なトリックだった。
主人公が、女子高の数学の教師で、アーチェリー部の顧問をしている設定になっているのだが、東野圭吾が大学時代にアーチェリー部に所属していた頃の経験を活かして書かれたようだ。

内容(カバー裏面より引用)
『校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。
先生を二人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将―――犯人候補は続々登場する。
そして、運動会の仮装行列で第二の殺人が・・・・・・。
乱歩賞受賞の青春推理。』

これも、第一の殺人は、密室殺人である。
第二の殺人は、そうではないが。。。。
吾輩は男子高出身なので、女子高の雰囲気というものがいまいちわからん。
ただ、おそらく一週間、その中にいたら狂い死にしそうだということは想像つく。
キーワードは、「女子高」「アーチェリー」「思春期」というところか。。。
ただでさえ、女が集団になるとやっかいなのに、それが女子高生ともなるとさらにやっかいになりそうである。
話はもとに戻るが、主人公は、冒頭から命を狙われ続けるのだが、常にクールなのである。
そのような性格のために、女子高生たちから名づけられたあだ名は、「マシン」である。
おまけに、訳あって、命を狙われていることを警察に最後の方になるまで隠し続ける。
命を大事にしろよと言いたくなる。

まあ、ある意味、女の怖さ、思春期の女の子の不安定さを描いた小説と言ってよいかと思う。
推理小説としてもよく出来ていると思う。

自分の評価
★★★☆☆60点

2013年1月7日改訂。

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。