タヌキおやじの日々の生活 橘川武郎「東京電力―失敗の本質」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橘川武郎「東京電力―失敗の本質」を読破!!

東京電力 失敗の本質東京電力 失敗の本質
(2013/05/02)
橘川 武郎

商品詳細を見る


どうも読む本が、歴史、戦争ものに偏ってしまうので、また、東日本大震災から2年半が経ち、あのことについて改めて考えてみようと思ったことから本書を読んでみた。
著者の橘川武郎氏は、一橋大学教授で、専門は経営史、エネルギー産業論、地域経済論、スポーツ産業論だそうな。

目次
第1章 「レベル7」の衝撃
セクション1.1 3・11が世界を変えた
セクション1.2 本当の問題は何か
第2章 電力が足りない―――計画停電は不可避だったのか
セクション2.1 首都圏を襲った停電パニック
セクション2.2 電力不足の真因は何か
第3章 原発なしでやっていけるのか
セクション3.1 事前の危機管理は十分だったのか
セクション3.2 人災としての福島第一原発事故
セクション3.3 原発縮小のシナリオ
第4章 電力事業の仕組み
セクション4.1 電力会社はこうやって稼いでいる
セクション4.2 「ふつうの産業」とどこが違うのか
セクション4.3 日本電力業の構造的な問題
第5章 日本電力業の歴史が教えるもの
セクション5.1 戦前の電力業
セクション5.2 電力体制の成立
セクション5.3 石油ショックの前後で体質が変わった
第6章 東京電力が消える日
セクション6.1 東京電力国有化論の深層
セクション6.2 今後も業界リーダーでいられるのか
第7章 これからの電力業界
【対談】福島第一原発事故が明らかにした日本の電力業の大問題
橘川武郎×米倉誠一郎

福島第一原発事故の時の東京電力の対応については、あまり書かれていない。
電力業界の現状と、明治時代から現代に至るまでのその経緯を書くことにかなりのページを割いている。
アメリカなどでは、小口の発電業者や送電業者がたくさんいて、ヨーロッパでは、発電業者と送電業者が分離されているが、日本では、発電業者と送電業者が同じであり、十地域ごとに、東京電力、関西電力等がある。
日本のこの体制は、高度成長期においては、非常にプラスにはたらいた。
しかし、石油危機後、相互の競争がなくなってしまったことによって、能力がある現場と、能力がないトップという状況が出来上がってしまったそうだ。
また、日本の電力業界の長所は、停電がほとんどないことだそうだ。
3・11後に電力の発送分離について議論されたが、吾輩は、その趣旨を理解していなかったが、本書を読んではじめて理解した次第である。
要するに、いろんな業者が発電業に参入することができることにしようということらしい。
発送が一緒であれば、送電業者は、自社の発電業を守ろうとするため、発送を分離して、送電業者が、新規参入の発電業者の電気を送電することができるようにしようということらしい。
しかし、著者は、発送分離には反対している。
停電が少ないという日本の電力業界の特徴をスポイルしてしまうのではないかと危惧している。
著者は、現在の電力業界を作り上げた故松永安左エ門氏に心酔していたらしく、どうしても、業界寄りであるように感じる。
そのためなのか、今後どうすべきかという点については、かつての競争状態に戻るべきだとか、かつての精神を取り戻すべきだとか述べるだけにとどまっているように感じた。
しかし、現在の電力業の仕組みや、その歴史については、非常によく書かれていて勉強になった。
また、スマートグリッドについても言及されていて、スマートグリッドが導入されていれば、計画停電の時に、威力を発揮しただろうと述べている。
3・11以後、吾輩も電力には、かなり興味を持っているので、もう少し、それについての本を読んでみる予定。

自分の評価
★★★☆☆55点

関連記事
本橋恵一「スマートグリッドがわかる」
志村嘉一郎「東電帝国―その失敗の本質」

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。