タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第217弾『鹿児島城』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第217弾『鹿児島城』

12月17日(火)、神戸空港から鹿児島空港へ行く。
鹿児島中央駅近くのホテルで一泊し、18日(水)、九州の城を制覇すべく、レンタカーを駆って、とりあえず、鹿児島城攻め。

鹿児島城とは、鹿児島県鹿児島市城山麓にあった平山城。
別名、鶴丸城(つるまるじょう)。

歴史
1601年に、島津忠恒(家久)により築城される。
幕末、薩英戦争の時には、イギリス軍艦から奥御殿に砲弾を何発か打ち込まれるなど脅威にさらされることになる。
鹿児島は災害の多い地域でもあり、また南国でもあったためシロアリ被害が多く、また幾度も焼失・倒壊し、そのたびに建て替えが行われた。
1874年に、焼失したのちは再建されることはなかった。

鹿児島城スタンプゲットだぜ。
これで、79/100名城攻略達成。
鹿児島城スタンプ

鹿児島城地図。
鹿児島城地図

鹿児島城下古図。
鹿児島城古図

鹿児島城古写真。
鹿児島城古写真1

地図中の①の場所。
鹿児島城001-1

大手門の方角。
鹿児島城001-2

地図中の②の場所。
大手門である。
鹿児島城002-1

鹿児島城碑。
鹿児島城002-2

大手門跡。
鹿児島城002-3

同じく。
鹿児島城002-4

地図中の③の場所。
鬼門除けというやつだろうか。
鹿児島城003-1

大手門方向を望む。
鹿児島城003-2

地図中の④の場所。
大手門。
鹿児島城004-1

西南戦争時の弾痕。
鹿児島城004-2

桝形内。
鹿児島城004-3

地図中の⑤の場所。
天璋院篤姫の像。
鹿児島城5
この後、宮崎県の飫肥城に向かう。

感想
まあ、15分もあれば、全部見れる城だと思う。
スタンプをもらって、黎明館の中には入らずに、鹿児島城を後にした。
受付のお姉さんごめんなさいm(_ _)m
いらんもん作らなかった島津氏は、エライと思った。
まあ、それほど、自国の防衛に自信があったんだろうか。
それとも、鹿児島を攻められる時点で戦争は負けであり、立派な城を作るのが無駄だと思ったんだろうか。
吾輩は、鹿児島城を見ただけで、鹿児島を後にしたが、他の史跡と一緒に見るのがよろしと思う。

関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
よみがえる日本の城 (18) (歴史群像シリーズ)よみがえる日本の城 (18) (歴史群像シリーズ)
(2005/06)
不明

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。