タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第222弾『人吉城(その3)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第222弾『人吉城(その3)』

城郭シリーズ第221弾『人吉城(その2)』の続き。

地図中の⑤の場所。
御下門跡。
人吉城005-2

同じく。
エライ立派な石垣である。
こんなに立派な石垣があるとは思わなかった。
吾輩、正直、人吉城をなめていた。
人吉城005-3

三の丸側から見た御下門。
人吉城005-4

えっちら登って、三の丸へ。
地図中の⑥の場所。
人吉城006-1

二の丸への中御門。
人吉城006-2

同じく。
人吉城006-3

三の丸。
人吉城006-4

三の丸から見た二の丸の石垣。
人吉城006-5

地図中の⑦の場所。
中御門跡。
人吉城007-1

同じく。
人吉城007-2
城郭シリーズ第223弾『人吉城(その4)』に続く。

関連記事
城郭シリーズ第220弾『人吉城(その1)』
城郭シリーズ第221弾『人吉城(その2)』
城郭シリーズ第222弾『人吉城(その3)』
城郭シリーズ第223弾『人吉城(その4)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
よみがえる日本の城 (12) (歴史群像シリーズ)よみがえる日本の城 (12) (歴史群像シリーズ)
(2005/01)
不明

商品詳細を見る

※人吉城も収録

日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

懐かしい人吉城址

人吉高ん原飛行場跡の記事に投稿致した者です。
ご返事ありがとうございました。また人吉城址に行っていただきましたか、懐かしくも嬉しく記事を拝見いたしました。
頼朝の命で地頭職相良氏が下向いらい一族の内紛、藩内の紛争、島津家との戦い、2度にわたる朝鮮出兵、関ケ原/大垣城での裏切り、はては江戸時代に入っても内紛が続き、あげく藩主暗殺まで引き起こしながら僻遠の地、うまくごまかし切り抜け600年続いた藩の城です。
石高も2万石ばかりと過少申告、実際は城跡城壁をごらんの通り少なくとも12万石の城、長く続いたのは幸運と時々の藩士の奮迅の努力の結果と思います。
城跡の高い評価嬉しく思います。
  • 2017-01-26 12:47
  • URL
  • ハマの退職者 です #-
  • Edit

Re: 懐かしい人吉城址

どうも。

人吉城は、すばらしい城跡でしたね。
わたし、関東の人間なので九州に行くことはまれなのですが、当日の雨という天候と城と球磨川がマッチングしていて非常によい雰囲気を出しているなあと思ったしだいです。
相良氏の歴史は長いですね。
歴史を紐解いていると、家を保つということは、本当に大変なことであると感じます。
人吉藩の藩士の努力に感服するしだいです。
  • 2017-01-26 13:45
  • URL
  • tatsunootoshigo #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。