タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第224弾『熊本城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第224弾『熊本城(その1)』

午後四時くらいに熊本城に到着する。
入城できるのが、四時半までだったので、急いで城内を見ることになった。
ここで、恒例の城の説明。

熊本城とは、、、
熊本県熊本市中央区にあった梯郭式平山城である。
別名、銀杏城(ぎんなんじょう)。
まあ、説明するまでもなかろうが。。。

歴史
1469~1487年に、肥後守護菊池氏の一族・出田秀信が千葉城を築いたのが始まりである。
1521~1531年に、菊池氏は代わりに鹿子木親員を隈本城(くまもとじょう)を築かせて入れた。
1550年に、大友義鑑の弟で菊池氏を嗣ぎ、かつ義鑑と敵対していた守護菊池義武が隈本城に入り、鹿子木鎮有はこれを迎え入れた。
しかし、義鑑の子・大友義鎮により追われ、以後は大友氏に協力した城親冬が居城とした。
1587年に、豊臣秀吉の九州征伐に際し、薩摩の島津氏に属していた親冬の孫・城久基は城を明け渡し筑後国に移った。
新たに肥後の領主となり隈本城に入った佐々成政は、秀吉の指示に反して検地を強行し、肥後国人一揆を引き起こす。
この時隈本城は国人衆による猛攻を受けたが、城代の神保氏張が死守して落城は免れている。
1588年に、成政は切腹を命じられ、加藤清正が肥後北半国の領主となり隈本城に入った。
1591年から、加藤清正は、千葉城・隈本城のあった茶臼山丘陵一帯に城郭を築きはじめる。
1600年頃には天守が完成、関ヶ原の戦いの行賞で清正は肥後一国の領主となる。
1606年に、城の完成を祝い、翌年「隈本」を「熊本」と改めた。
これが現在の熊本城である。
1632年に、清正の子・加藤忠広の改易により豊前小倉城主だった細川忠利が肥後の領主となり熊本城に入った。
1871年に、鎮西鎮台が設置された。
熊本鎮台司令であった桐野利秋は老朽化した櫓、多重櫓の破却を指示し、特に西出丸は石垣を取り崩し、郭自体を破却している。
西南戦争前には天守・本丸御殿を中心とした本丸主要部のみ保存されていた。
1877年に、西南戦争では政府軍の重要拠点であると同時に西郷軍の重要攻略目標となる。
西郷軍の総攻撃2日前、原因不明の出火で大小天守などの建物を焼失した。
政府軍と西郷軍の間には田原坂の戦いを含む激しい攻防が行われたが、熊本城は司令官谷干城の指揮の下、四千人の籠城で、西郷軍一万四千人の攻撃に耐え、ついに撃退に成功した。
なお、この戦いでは武者返しが大いに役立ち、熊本城を甘く見ていた西郷軍は、誰一人として城内に侵入することができなかったという。

この城のクライマックスは、加藤清正の築城と、西南戦争であろうか。
西郷どんは、「おいどんは、官軍に負けたのじゃなか。清正公に負けたのじゃ。」と言ったらしい。

ともあれ、熊本城スタンプを入手。
これで、82/100名城攻略達成。
熊本城スタンプ

熊本城の地図。ひろ~い。
いろんな建物があるな~と。
熊本城地図1

地図中の①の場所から見た大小天守。
こいつは、なかなか落ちそうもない城だと思わせる石垣の高さである。
熊本城001-1

同じく。
熊本城001-2

地図中の②の場所。
宇土櫓と小天守。
宇土櫓は現存。国重文。
熊本城002-1

宇土櫓。
熊本城002-2

天守側から見た宇土櫓。
熊本城002-3

大小天守。
熊本城003-1

同じく。
熊本城003-2

逆側から見た大小天守閣。
熊本城003-3

地図中の④の場所。
平櫓。こいつは現存。
熊本城004-1
城郭シリーズ第225弾『熊本城(その2)』に続く。

関連記事
城郭シリーズ第224弾『熊本城(その1)』
城郭シリーズ第225弾『熊本城(その2)』
城郭シリーズ第226弾『熊本城(その3)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
よみがえる日本の城 (12) (歴史群像シリーズ)よみがえる日本の城 (12) (歴史群像シリーズ)
(2005/01)
不明

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-

管理人の承認後に表示されます
  • 2013-12-29 09:00

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。