タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第235弾『名護屋城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第235弾『名護屋城(その1)』

吉野ヶ里から一時間半くらいで、名護屋城に到着する。
日本の端っこだけあって、交通の便の悪そうなところであった。
しかし、景色はすごく良かった。

名護屋城(なごやじょう)とは、、、(説明の必要もないだろうが。。。)
肥前国松浦郡名護屋(現在の佐賀県唐津市、東松浦郡玄海町)にあった梯郭式平山城である。
別名、名護屋御旅館。
豊臣秀吉の文禄・慶長の役に際し築かれた。
名古屋城と混同しそうである。

歴史
1590年に、天下統一を果たした秀吉は、世界に目を転じた。
「高麗」つまり李氏朝鮮に、服属と明侵攻への協力を 要請したが、朝鮮は拒絶した。
1591年に、宗義智から交渉決裂を聞いた秀吉は、「唐入り」を翌年春に決行することを全国に告げ、肥前の名護屋に前線基地としての城築造を九州の大名に命じた。
秀吉は自分の地元名古屋と同じナゴヤという地名を奇遇に感じ、城の立つ山の名前が勝男山と縁起がいいことにも気を良くしこの地への築城を決めた。
1591年、全国の諸大名が名護屋へ到着し、城普請に取掛かった。
加藤清正、寺沢広高が名護屋城の普請奉行となった。
九州の諸大名を中心に動員し、突貫工事で8か月で1592年に完成した。
規模は当時の城郭では大坂城に次ぐ広壮なものであった。
西国衆を中心に総勢15万8000の兵が9軍に編成され、小西行長・宗義智率いる第一陣が朝鮮半島へ出兵したのを皮切りに、名護屋を出発した諸隊は壱岐・対馬を経て朝鮮に渡っていった。
以後、秀吉は、大政所の危篤時を除いてこの地に在城した。
朝鮮半島で戦線が膠着すると、講和交渉が開始されるが、交渉が破談すると秀吉は、1597年に、再び14万人を朝鮮半島へと上陸させた。
この慶長の役でも、補給・連絡の中継地として名護屋は重要な役割を果たした。
1598年に、秀吉が没したために全軍撤収し名護屋城もその役割を終えた。
朝鮮撤退後、この地は寺沢広高の治めるところとなった。
1602年に、広高は唐津城の築城を開始した。
この際に名護屋城を解体しその遺材を使用した。
これ以降に、二度と城が利用できないように要となる石垣の四隅を切り崩すなどの作業が行われたが、その理由と時期については明確でない。
岸田家文書によると、島原の乱直後に巡検した江戸幕府老中の指示で、一揆が起こった際に名護屋城が利用さないように破却したと記録されている。

まあ、太閤秀吉の夢と野望の城であり、朝鮮半島の人々にとっては、悪夢の城であっただろう。

とりあえず、隣にあった博物館で名護屋城スタンプを入手。
87/100名城攻略達成である。
名護屋城スタンプ

名護屋城の地図。
立派な城である。
名護屋城地図

地図中の①の場所。
大手口。
名護屋城001-1

左手が、三の丸の石垣で、正面が大手口である。
名護屋城001-2

大手口の石垣。
名護屋城001-3

大手口から東出丸への通路。
名護屋城001-4

東出丸。
名護屋城001-5

地図中の②の場所。
三の丸。
三の丸から見た本丸の石垣。
名護屋城002-1

三の丸から本丸への門跡。
名護屋城002-2

同じく。
名護屋城002-3

本丸側から。
名護屋城002-4
城郭シリーズ第236弾『名護屋城(その2)』に続く。

関連記事
城郭シリーズ第235弾『名護屋城(その1)』
城郭シリーズ第236弾『名護屋城(その2)』
城郭シリーズ第237弾『名護屋城(その3)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
よみがえる日本の城 (21) 肥前名護屋城・佐賀城・島原城(歴史群像シリーズ)よみがえる日本の城 (21) 肥前名護屋城・佐賀城・島原城(歴史群像シリーズ)
(2005/08)
不明

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。