タヌキおやじの日々の生活 ベルトラン・ランソン「古代末期―ローマ世界の変容」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルトラン・ランソン「古代末期―ローマ世界の変容」を読破!!

古代末期: ローマ世界の変容 (文庫クセジュ 981)古代末期: ローマ世界の変容 (文庫クセジュ 981)
(2013/07/20)
ベルトラン ランソン

商品詳細を見る


ナナミンとは、異なる視点で古代ローマを見てみようと、本書を読んでみた。
ナナミンは、古代末期を否定的に捉えていたが、本書の著者は、肯定的に捉えているようだ。
興味深いのは、キリスト教とギリシア哲学との関係である。
古代末期において、キリスト教の布教に活躍した人物は、ギリシアの教養に精通した人たちであったという。
彼らは、ギリシア哲学のテクニックを用いて、キリスト教を布教していったと。。。
このことを著者は、古いものと新しいものの融合と捉えているようだ。
「ローマ人の物語」でも、ギリシア教養に精通していた人々がキリスト教徒に転じた例を挙げていた。
ただ、ナナミンは、それを否定的に捉えていたようだが。。。

内容の紹介(カバー裏面より引用)
『ローマ帝国の帝政後期から中世へと変化する時代、それを古代が突然終わるという「衰退」としてではなく、古いものと新しいものが共存する豊かな時代としてとらえている。
大きな特徴であるキリスト教の広まり、学問・芸術面の変化などさまざまな角度からその多様性を解説。』

目次
序論
第一章 対等に扱われるべき時代
 Ⅰ 長きにわたった悪評
 Ⅱ 古代末期の台頭
 Ⅲ 時代区分の問題
 Ⅳ 史料
第二章 小春日和のローマ帝国
 Ⅰ 四、五世紀における君主制の完成と変容
 Ⅱ 蛮族問題に直面した軍と財政
 Ⅲ 経済の継続性とその転変
 Ⅳ ローマの「没落」問題
第三章 キリスト教化とローマ性
 Ⅰ キリスト教会の権力伸長
 Ⅱ キリスト教の変節
 Ⅲ 生みの親たるユダヤと育ての親たるローマ:キリスト教のギリシア化とラテン化
 Ⅳ 凪状態の異教
 Ⅴ 分裂したキリスト教
第四章 知的な分野と芸術的な分野における活力
 Ⅰ 文学の黄金時代
 Ⅱ 豊かで激しい論争
 Ⅲ 大規模建築事業
 Ⅳ 造形芸術の質
第五章 混淆した世界
 Ⅰ 未だ古代にして、もはや古代ならず
 Ⅱ 未だ中世ならずして、もはやわずかに・・・
結論
訳者あとがき
主要参考文献

古代末期のローマ帝国は、行政区分が細分化され、官僚組織が肥大化し、それにつれて汚職も増え、職業が固定化していた。
このことは、ナナミンの著作にも書いてあったが、本書によれば、ともすれば、小作人より大規模農園の奴隷の方が待遇が良かったというぐらいだから、相当な世相だったらしい。
ローマの衰退の原因にローマの蛮族化が挙げられるが、本書の著者は、反対に蛮族のローマ化について述べている。
このことは、いちいちもっともな意見であると思った。
ローマ世界とその向こうで著しい格差や人口の差があったのなら、それは圧力となって、その格差を解消するようにはたらくと思うからだ。
そして、ローマが蛮族化していくと同時に蛮族がローマ化し、均一に近くなっていったということではなかろうか。
まあ、ローマ世界と蛮族世界が一緒になることで、中世がやってきて、その先の新しいものが生まれる下地ができたと本書の著者は主張しているようだ。
それは、一つのものの視方なのだろうと思う。
ナナミンだと、ローマ世界視点で見ているので、ローマ世界や蛮族世界を含めた世界全体視点では見ていないと思う。
世界全体視点で見たとき、蛮族がローマ世界に移動していったのは、結果として、より新しいものを生み出したと言えると思う。

自分の評価
★★★☆☆60点

関連記事
塩野七生「ローマ人の物語11-終わりの始まり」を読破!!
塩野七生「ローマ人の物語12-迷走する帝国」を読破!!
塩野七生「ローマ人の物語13-最後の努力」を読破!!
塩野七生「ローマ人の物語14-キリストの勝利」を読破!!
塩野七生「ローマ人の物語15-ローマ世界の終焉」を読破!!

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。