タヌキおやじの日々の生活 小川良祐 他「ワカタケル大王とその時代―埼玉稲荷山古墳」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小川良祐 他「ワカタケル大王とその時代―埼玉稲荷山古墳」を読破!!

ワカタケル大王とその時代―埼玉稲荷山古墳ワカタケル大王とその時代―埼玉稲荷山古墳
(2003/05)
小川 良祐、 他

商品詳細を見る


吾輩、埼玉育ちなのだが、埼玉の公立小学校では、遠足で埼玉北部の行田市というところにある埼玉(さきたま)古墳群というのに行かされるわけである。
そんなわけで、幼き日の吾輩も、遠足を含めて何度か埼玉古墳群に行ったことがあるわけである。
ちなみに、「さいたまこふんぐん」ではなくて、「さきたまこふんぐん」というのがミソである。
しかし、当時は、あ~古墳がいっぱいあるな~という感想だけで、30代後半の今になるまで、その中身については、興味を持たなかったのであるが、最近、古代ロマンに目覚めたので、それについての本を読んでみた次第。
その中でも、重要なのが、稲荷山古墳だそうな。
というのは、鉄剣が出土し、それに残っていた銘が極めて歴史的価値が高いものであったからだ。
また、丸墓山古墳は、戦国時代末期に北条征伐で石田三成が忍城攻めの本陣を置いたので有名である。
そんなわけで、埼玉古墳群と特に稲荷山古墳とそれにまつわる事に関して書かれた本である。

目次
はじめに―――小川良祐
1章 埼玉稲荷山古墳の新情報―――小川良祐
2章 東国における埼玉古墳群の位置づけ―――橋本博文
3章 稲荷山古墳出土の画紋帯環状乳神獣鏡を考える―――車崎正彦
4章 五世紀の馬具と稲荷山古墳―――岡安光彦
5章 稲荷山鉄剣銘をどう読むか―――狩野久
6章 稲荷山鉄剣銘とアクセント―――森博達
7章 ワカタケル王と杖刀人首ヲワケ―――吉村武彦
8章 王権と衣服―――武田佐知子
あとがき

鉄剣には、両面に銘が記載されていたらしい。
そして、その片側の銘の訓読が下の通り(ウィキペディアからの抜粋)。
『其の児、名はカサヒ(ハ)ヨ。其の児、名はヲワケの臣。
世々、杖刀人の首と為り、奉事し来り今に至る。
ワカタケ(キ)ル(ロ)の大王の寺、シキの宮に在る時、吾、天下を左治し、此の百練の利刀を作らしめ、吾が奉事の根原を記す也。』
ヲワケという人が、この鉄剣の持ち主であったらしい。
そして、ワカタケ(キ)ル(ロ)の大王は、古事記と日本書紀に出てくる大長谷若建(おおはつせわかたける)命・大泊瀬幼武(おおはつせわかたける)・雄略天皇であり、そして、中国の古文書である『宋書』倭国伝にみえる倭王武だと比定されているそうな。
ヤマトタケルノミコトと間違えそうだが、雄略天皇が第21代天皇で、ヤマトタケルノミコトは、第12代景行天皇の皇子で第14代仲哀天皇の父だそうな。
それから、『杖刀人の首』と書いてあるので、「杖刀人」という官職の長であったとのこと。
要するに、稲荷山古墳の主の「ヲワケ」は、雄略天皇のもとで、重臣として頑張ったと。。。。
だいたい、五世紀のことらしい。
まあ、五世紀の日本では、文字が使用されていたと。。。
本書以外に書いてあったのだが、日本で文字が使用され始めたのは、おそらく四世紀とのことであった。
卑弥呼の時代が三世紀で、空白の四世紀があって、宋書倭国伝の記載がある五世紀と。。。
また、古墳の形状による分析、棺にそなえてあった馬具や鏡の分析なども興味深い。
鏡には、やはり文字が彫られているのだが、こちらは、中国の漢文を少しばかり改変したもので、あまり、歴史的な意味合は、少ないようであった。
ただ、どういったことが鏡に書かれているかという点で、吾輩にとってはおもしろく読めた。
なんか、今まで、ただ、流していたことであっても、掘り下げて理解してみると、奥が深いものなんだなあと思わされた一冊であった。
あまり、遠足に行く小学生向けではないと思うが(笑)、昔、埼玉古墳群に行った埼玉県人とかが読むと、目からうろこかもしれない。
また、古代好きの人には、おもしろい内容だと思う。

自分の評価
★★★☆☆65点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。