タヌキおやじの日々の生活 玉手栄治「陸軍カ号観測機―幻のオートジャイロ開発物語」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉手栄治「陸軍カ号観測機―幻のオートジャイロ開発物語」を読破!!

陸軍カ号観測機―幻のオートジャイロ開発物語陸軍カ号観測機―幻のオートジャイロ開発物語
(2002/06)
玉手 栄治

商品詳細を見る


日本陸軍がオートジャイロを実用化して実戦配備していたというのは、あまり知られていない事実である。
ちなみに、オートジャイロとは、航空機の一種であり、固定翼の代わりに回転翼を装備し、見た目はヘリコプターに似ている。
しかし、ヘリコプターは動力によって回転翼を直接回転させるのに対し、オートジャイロは回転翼を直接は駆動せず、飛行時にはプロペラなどのほかの動力によって前進し、前進によって起こる相対的な気流を回転翼に受け、回転させて揚力を生み出し飛行する。
要するに、オートジャイロは、プロペラによって前進して、それによっておこる気流で回転翼を回して、揚力を得て飛ぶと。。。。
飛行特性は、短い距離での離着陸ができ、ホバリングは無理みたいであったようだが、きわめて低速度の飛行が可能だったようだ。
そんなわけで、日本陸軍が開発したオートジャイロをカ号観測機と呼ぶ。
カ号の「カ」は、「かいてんよくき」の「カ」だそうな。
開発したのが、萱場製作所だったからではないと、しつこく書かれていた。
下の写真が、カ号観測機。
Kayaba_ka-1.jpg
前にプロペラがついている以外は、ヘリコプターに似ていることがわかる。
が、飛行原理は違うのだそうな。

目次
序章―――<カ号>輸送船団上空にあり
第1章―――ルーツを探る
 <カ号>はどのように伝えられてきたか <カ号>の父親は誰?
 オートジャイロとは何か        発明者・シェルバ伝
 基本原理の発見            シェルバの功績
 アメリカ生まれの先祖たち
第2章―――スタートライン
 技術本部第三部第三班         戸田技師について
 ノモンハン事件における砲兵隊     ノモンハン事件の傷跡
 評価試験の酷評            オートジャイロは何故壊れたか
 観測機選択の攻防           砲兵隊用航空機
第3章―――動きだした開発計画
 修復作業の始動            三木教授のこと
 <キ-76>の設計開始        萱場資郎という人
 萱場製作所動く            <ケレットKD-1A>の構造概要
 修復作業の完了            修復機飛ぶ
 <キ-76>の完成          それぞれの試験飛行
第4章―――「カ号」飛ぶ
 エンジンの試作            機体の試作
 航空本部との悶着           それぞれの昭和十七年
 <カ号>発動機            <カ号>試験機調整中
 「陸軍空母」での実験         <カ号一型>ついに飛ぶ
第5章―――<カ号>戦記
 教育訓練と量産            船舶飛行第二中隊の誕生
 エンジン生産の難しさ         フライトインプレッション
 <あきつ丸>沈没           <カ号>部隊出動
 壱岐はよいよい            <カ号観測機>の最後
終章―――<カ号>に続くもの

カ号観測機が必要とされたのは、砲兵の着弾観測用であった。
ノモンハン事件では、観測気球を上げようとしたが、ソ連軍の戦闘機に撃墜?されて、着弾観測ができなかったためである。
そのため、オートジャイロのカ号観測機と、STOL機(短距離離着陸機)の三式指揮連絡器が開発された。
三式の方は、レシプロの固定翼機である。
ドイツ陸軍が開発したので有名なシュトルヒに似た外観である。
役割としても、似ていると思われる。
ノモンハンで、陸軍は、戦車戦力をおおよそ強化しようとはしなかったが、着弾観測のためにこれらの機材を開発したのは、評価できるのではないかと思う。
ただ、カ号観測機が実戦配備されたのは、せいぜい30機ぐらいだったようだ。
一部は、「あきつ丸」という陸軍が建造した揚陸艦に対潜哨戒のために搭載されたが、あきつ丸とともに潜水艦に沈められた。
そのほかは、壱岐島に朝鮮海峡哨戒のために配備されたらしい。
まあ、着弾観測に使おうにも制空権が米軍にあって使えなかったんだろうと思われる。
対潜哨戒は、カ号や三式にとっては、格好の任務だったわけである。
海軍は、オートジャイロには、まったく興味を示さなかったらしいが、輸送船護衛のために大量使用すれば、効果的でありそうなので、残念な話だと感じる。
まあ、ともあれ、航空機マニアには、非常に面白く読める一冊である。
まさか、オートジャイロが旧日本軍で実戦配備されていたとは。。。という感想。

自分の評価
★★★★☆75点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。