タヌキおやじの日々の生活 松本零士「ザ・コクピット(3) 」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本零士「ザ・コクピット(3) 」を読破!!

ザ・コクピット (3) (小学館叢書)ザ・コクピット (3) (小学館叢書)
(1990/06)
松本 零士

商品詳細を見る


またまた、ザ・コクピットの読書感想文。
コックピットではなくて、コクピットというのがミソである。

目次
1 亡霊戦士
2 流星北へ飛ぶ
3 わが青春のアルカディア
4 紫電
5 エルベの蛍火
6 復讐を埋めた山
7 勇者の雷撃
8 消滅線雷撃
9 夜のスツーカ
10 成層圏気流
11 四次元戦線

第1章は、零式水上観測機。
この飛行機も、吾輩が好きな機体である。
ちなみに、こいつ。
F1m_00637_2g.jpg
孤島で、わけあって、一人で零式水上観測機に乗って、戦っている男のお話。
第2章は、艦上攻撃機「流星改」。
これは、吾輩が、日本軍機の中で一番好きな飛行機である。
逆ガル型がかっくいい。
B7A-Ryusei_torpedo.jpg
実戦に使用されたのは、大戦末期であった。
千葉県から太平洋沿岸の米機動部隊に対して、30~40機の流星改の部隊が出撃したみたいだ。
ほとんど戦果を挙げられずに、撃墜されたとのこと。
第3章は、REVI C12D電影照準器。
ドイツ空軍の戦闘機に搭載された照準器だそうな。
あまり、第二次世界大戦の照準器は、脚光を浴びることがないので、珍しい作品と言えると思う。
第4章は、局地戦闘機「紫電」。
水上戦闘機「強風」のフロートを取っ払って、陸上戦闘機にしたのが、「紫電」である。
ちなみに、こいつは、足が長すぎて折れたり、いろいろな不具合があったので、根本的に設計し直したのが紫電改であった。
紫電改は、戦争末期に343空が使ったので有名だ。
それと較べると、紫電は、マイナーかつマニアックな機体と言えるだろう。
800px-Captured_Kawanishi_N1K1-J_on_ground_1945.jpeg
写真見てもわかるとおり、足が長すぎて、折れやすそうなのが分かる。
第5章は、Me163コメート。
ドイツ空軍が実用化したロケット戦闘機である。
ロケットの性質上、速度は速いものの、滞空時間が恐ろしく短かった。
そういうわけで、実戦ではあまり活躍はしなかったらしい。
第6章は、ゼロ戦とF6F。
第7章は、雷電。
第8章は、TBFアベンジャーだろうか。
この飛行機は、昔、吾輩は好きだった。
今はそれほどでもないが。。。
Grumman_TBF_Avenger.jpg
第9章は、Ju87スツーカ。
第10章は、Fw190とTa152H-1。
Focke_Wulf_Ta152.jpg
Ta152である。
Fw190を改造した機体ということだが、だいぶ違うと思うのだが。
どちらも、クルト・タンク技師の設計である。
第11章は、日米英の歩兵同士の戦い。

自分の評価
★★★☆☆55点

次巻 松本零士「ザ・コクピット(4) 」
前巻 松本零士「ザ・コクピット(2) 」
1巻 松本零士「ザ・コクピット(1) 」

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。