タヌキおやじの日々の生活 松本零士「ザ・コクピット(4) 」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本零士「ザ・コクピット(4) 」を読破!!

ザ・コクピット (4) (小学館叢書)ザ・コクピット (4) (小学館叢書)
(1990/07)
松本 零士

商品詳細を見る


続いて、また、松本零士のザ・コクピット。

1 アクリルの棺
2 死神の羽音
3 双発の騎士
4 砂とスコッチ
5 雷撃艇13号
6 ニケの首飾り
7 銃剣戦線
8 海の花
9 夜の蜉蝣
10 弾道トンネル150
11 沈黙の虎

第1章は、四式戦「疾風」。
まあ、この作品では、よく出てくる機体である。
戦闘機隊のお荷物であるひよっこパイロットが主人公。
第2章は、海軍パイロットのお話。
主人公のパイロットは、どんなシチュエーションでも一人だけ生き残ってしまうと。。。
その顛末はと。。。
出てくる飛行機は、ゼロ戦、97戦、紫電改。
第3章は、メッサーシュミットMe410とモスキートとMe262B-1a/U1である。
ぜんぶ、夜間戦闘機で、しかも、松本作品によくある騎士の末裔同士の戦い。
Me410と262の夜間戦闘機型はレアなので、よく登場させてくれたと言いたい。
Mosquito_600pix.jpg
第4章は、墜落した輸送機の搭乗員が手に入れたメッサーシュミットをスコッチで飛ばすというお話。
まあ、日本では、松の根っこからとった油で飛行機を飛ばしていたくらいなので、スコッチで飛行機を飛ばそうとしても全然驚かないなあと思う。
第5章は、四式重爆撃機「飛龍」。
1024px-Mitsubishi_Ki-67-2.jpg
こいつは、日本陸軍が誇る傑作爆撃機であった。
が、戦局からか、あまり活躍できたとは言えない気がする。
飛龍が島に墜落し、その搭乗員たちは、墜落した機体を改造して筏を作り、脱出しようとするが。。。
第6章は、アフリカ戦線のメッサーシュミットBf109Fであろう。
第7章は、太平洋戦線の日米歩兵。
第8章は、艦上偵察機「彩雲」。
NakajimaC6N.jpg
彩雲も傑作機であったが、十二分に活用できたとは言い難い。
彩雲が墜落して、墜落した先で原住民の女と交流し。。。というお話。
第9章は、一式戦闘機「隼」3型乙。
こいつは、隼では、はじめて20ミリ機関銃を載せた型であった。
第10章は、ガダルカナルの96式15センチ榴弾砲。
靖国神社遊就館 015
靖国神社の遊就館にある15榴。
餓島と呼ばれたくらいなので、相当な悲惨さだったと思うが、漫画には、あまりその悲惨さは書かれていない。
ガダルカナルでは、日本軍が重砲による神経戦を仕掛けて、米軍側は相当に困ったらしい。
第11章は、ドイツ陸軍の駆逐戦車ヤークトタイガー。
こいつである。
045x.jpg
写真で見ると、かなりでかいことがわかります。
日本軍の戦車とはエライ違いだ。
ヤークトタイガーが米軍を駆逐するいつものパターンである。

自分の評価
★★★☆☆55点

次巻 松本零士「ザ・コクピット(5) 」
前巻 松本零士「ザ・コクピット(3) 」
1巻 松本零士「ザ・コクピット(1) 」

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。