タヌキおやじの日々の生活 松本零士「ザ・コクピット(5)」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本零士「ザ・コクピット(5)」を読破!!

ザ・コクピット (5) (小学館叢書)ザ・コクピット (5) (小学館叢書)
(1990/08)
松本 零士

商品詳細を見る


続いて、第五巻、最終巻だと思う。

目次
1 翼手龍の時代
2 空白圏飛行
3 悪魔伝の七騎士
4 曳光弾回廊
5 レッドスカル
6 低伸弾道12.7
7 吸血鬼の花束
8 断層回路
9 サンタクルーズの橋
10 妖精氷河期
11 迷路地図
12 富嶽のいたところ
13 冬の蜻蛉
14 赤い蛍
15 天使の徹甲弾

第1章は、隼と飛燕。
プテラノドンの化石と陸軍戦闘機パイロットの話である。
第2章は、よくわからん複葉機。
松本作品によくある冒険もの。
第3章は、ハインケルHe162サラマンダー。
こいつである。
He162_color010.jpg
Me262のほうが、洗練されているが、まあ、これはこれでかっこよい。
ともあれ、ドイツ関係は、とにかく松本零士は騎士と結び付けたがる。
第4章は、99式艦上爆撃機。
D3A1_Akagi.jpg
第2次世界大戦で一番多くの連合国艦船を沈めた飛行機だそうな。
第5章は、疾風とP51。
第6章は、ゼロ戦と米軍の12.7ミリ機銃。
第7章は、おそらく誉エンジン。
第8章は、彗星と疾風。
D4Y-11.jpg
彗星は、靖国神社にもあった。
今では懐かしい思い出である。
第9章は、よくわからんアメリカの飛行機である。
第10章は、はじめに深山が出てくる。
こいつである。
G5N.jpg
日本海軍は、B17に触発されて、四発重爆を開発したが、深山はあまり性能が芳しくなく、この次に、連山というのを開発したが、とても生産できるような資材も人材もなく、試作どまりに終わったと。。。
ただ、深山も連山も飛行はしていて、映像が残っている。
深山は、輸送機として使われたと聞いている。
しかし、この話で出てくるのは、始めの方だけなので留意されたし。
第11章は、ゼロ戦、F4Fなど。
第12章は、小銃とか手りゅう弾。
第13章は、富嶽。
ドゥリットル爆撃とミッドウェイの敗戦に触発されて、米本土を爆撃できる重爆が計画された。
それが、富嶽であった。
まあ、日本の実力からすると、計画倒れに終わったのは当り前であろう。
それが実用化して、米本土爆撃を行ったという世界を書いている。
第14章は、よせあつめでつくった飛行機で孤島を脱出するという話。
第15章は、架空の未来のお話。

自分の評価
★★★☆☆55点

前巻 松本零士「ザ・コクピット(4) 」
1巻 松本零士「ザ・コクピット(1) 」

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。