タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第249弾『撫養城』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第249弾『撫養城』

鳴門まで、撫養城を見に行ってきた。
撫養城(むやじょう)は、徳島県鳴門市撫養町林崎にある平山城。
別名は岡崎城、林崎城。

歴史(ウィキのパクリ)
築城は、古くは小笠原氏の居城と伝えられるが、はっきりとはわかっていない。
その後三好氏の配下の四宮氏が城主となった。
1582年に、長宗我部元親が阿波国へ侵入し、撫養城を長宗我部元親の配下である真下飛騨守が守備する。
1585年に、四国征伐により蜂須賀家政が阿波国の新領主となり、徳島城の支城を9城置き(阿波九城)、益田正忠を撫養城の城番としてこれを守らせた。
1638年に、一国一城令により廃城となった。

まあ、讃岐、淡路方面を守る要衝にある城といってよいと思う。
が、あまり遺構が大切にされているとは言えなそうだ。

案内板。
撫養城001

二の丸(だと思う)にある妙見神社。
撫養城002

社殿。
撫養城003

社殿の後ろにある撫養城由来の石垣。
かつては、二の丸の内側の石垣であったと思われる。
撫養城004

この上に櫓でも建っていたのだろうか。
撫養城005

同じく。
撫養城007

社殿の左手の石垣。
撫養城006

下側より見た二の丸?の石垣。
撫養城008

これも二の丸?の石垣。
撫養城009

本丸への入り口。
撫養城010

模擬天守閣。
かつては、鳥居龍蔵記念館だったらしい。
今は、閉鎖されている。
撫養城011

感想
石垣が、徳島城みたいな青石ではなかった。
なんでも、吉野川を挟んで、石が違うとのこと。
鳴門側は、洲本城とかと同じ石だ。
発掘作業と整備をしてほしいと思った次第。

関連記事
城郭シリーズ第208弾『阿波一宮城(その1)』
城郭シリーズ第209弾『阿波一宮城(その2)』
城郭シリーズ第249弾『撫養城』
城郭シリーズ第250弾『牛岐城・仁宇城・海部城』
城郭シリーズ第251弾『西条城・川島城』
城郭シリーズ第252弾『脇城・大西城』
※以上、阿波九城。
グーグルマップ上で見る日本の城郭

百名城以外の城・砲台跡のインデックス
百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-

管理人の承認後に表示されます
  • 2014-08-07 09:02

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。