タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第255弾『龍野城』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第255弾『龍野城』

和田岬砲台の次に龍野城を攻略。
城下町の景観がよかった。

龍野城(たつのじょう)は兵庫県たつの市龍野町にある平山城。
別名、霞城。

歴史
1499年に、塩屋城の龍野赤松氏・赤松村秀が龍野に鶏籠山城を築いた。
以後政秀、広貞、広秀と続いた。
しかし、1577年に、豊臣秀吉によって開城し、秀吉はあらたに蜂須賀正勝を置いた。
万治元年、京極高和の丸亀移転の際に破却された。
1672年に、脇坂安政によって龍野城が再建された。
この際山頂の郭は放棄され、山麓居館部のみの陣屋形式の城郭になった。
現在の本丸御殿は1979年に再建されたものである。

明治に描かれた龍野城地図。
龍野城古地図

大手門。再建である。
龍野城 001-1

同じく。
この大手門前の坂は往時はなかったようだ。
大手門の左側に通路があって、ジグザグになっていたみたいだ。
龍野城 001-2

石碑。
龍野城 001-3

大手門。
龍野城 001-4

大手門をくぐると。
この大手門は埋門になっている。
龍野城 001-5

城内から。
龍野城 001-6

御殿。これも再建。
龍野城 002

龍野城の東にある隅櫓。
これは、本来はなかった。
龍野城 003-1

東側にある門。
龍野城 003-2

模擬隅櫓。
龍野城 003-3

同じく。
龍野城 003-4

西側にある武具櫓。
再建である。
これは、もとよりあったものを復元したものらしい。
城外から撮影しようとしたが、周りの家とかが遮って城内からしか撮影できなかった。
龍野城 004

龍野古城の復元図。
龍野古城復元図

龍野城の裏より龍野古城への登山口がある。
大手道。
龍野古城
本丸まで上がろうと思ったが、途中で道がわからなくなったのでやむなく撤退。
後で調べてみると、上の方には石垣も結構残っているようなので、行けばよかったと後悔した。

感想
石垣は立派である。
改変がされているのは、残念な感じがする。
龍野古城のほうも、もう少し整備してほしいと思った次第。

関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
よみがえる日本の城 (4) (歴史群像シリーズ)よみがえる日本の城 (4) (歴史群像シリーズ)
(2004/07)
不明

商品詳細を見る


百名城以外の城・砲台跡のインデックス
百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-

管理人の承認後に表示されます
  • 2014-09-13 09:44

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。