タヌキおやじの日々の生活 石田基広「とある弁当屋の統計技師(データサイエンティスト) 2 ―因子分析大作戦―」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田基広「とある弁当屋の統計技師(データサイエンティスト) 2 ―因子分析大作戦―」を読破!!

とある弁当屋の統計技師(データサイエンティスト) 2 ―因子分析大作戦―とある弁当屋の統計技師(データサイエンティスト) 2 ―因子分析大作戦―
(2014/01/23)
石田 基広

商品詳細を見る


「とある弁当屋の統計技師」の第二巻。
まあ、読み物としては面白いのかもしれない。
しかし、使えるように統計学を学ぶには、やはり専門書を読まねばならないだろうなあと思う。
ただ、どのようにデータを分析していくかを知る上で、データサイエンスがどんなものかを知る上ではよいのかなあと思った。

目次
第1章 新校舎と引越し
第2章 因子分析
第3章 統計モデル
第4章 因子分析大作戦
第5章 学期末試験
第6章 試験結果
第7章 引越しクラス発表
あとがき
統計用語メモ

今度は、前回とは違って、学校が舞台である。
前回に登場した人物も登場するので、物語としても連続している。
高校の新校舎に移るには、クラスの成績が他のクラスより良くなければならないという設定。
その成績をよくするために、クラスメートの潜在能力を今までの成績から分析して、潜在能力があるとされる教科を勉強してクラスの成績を伸ばしていくというストーリーになっている。
単純に考えると、クラスメート全員の成績が伸びることがクラスの成績アップになるので、データサイエンスいらないじゃんとなるのだが、データサイエンスとクラスの成績を結びつけるために、上記のようにしたものと思われる。
かなり強引だと感じた。
理系因子と文系因子とがどのように各教科に影響しているかを過去の成績から導き出す。
その結果、情報処理などは、一見、数学と関連していそうだが、英語の文法と似通っており、その成績が関連しているとか、そういったことを導き出している。
本当かどうかはわからないが。。。。
まあ、どういった手法をとって、データ分析していくかを感じだけでも知ることができてよかったかと。

自分の評価
★★★☆☆50点

前巻
石田基広「とある弁当屋の統計技師(データサイエンティスト) ―データ分析のはじめかた―」

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。