タヌキおやじの日々の生活 古市憲寿、國分功一郎「社会の抜け道」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古市憲寿、國分功一郎「社会の抜け道」を読破!!

社会の抜け道社会の抜け道
(2013/10/18)
古市憲寿、國分功一郎 他

商品詳細を見る


古市憲寿(ふるいち のりとし)は日本の社会学者。
1985年生まれで最近、社会で脚光を浴びている人なので、この人についての本を読んでみようと思った次第。
我輩より一回り年下の連中がどんなことを考えているのかと。。。
でも、下の世代の連中でも、バリバリ働いている人種から起業しているような人種、ワーキングプアの人種、無職の人種までいろいろいそうだ。
本書を読む限り、かなり古市氏は、まともなことを言っているように感じた。
我輩は、本書の古市氏の対談相手である國分氏と同世代なのだが、國分氏はすこしばかり左寄りであるように思った。
二人が対立極にあるわけではないのだが、我輩としては、古市氏の方に賛同することが多く感じられた。

目次
まえがき―古市憲寿
第一章 IKEAとコストコに行ってみた
第二章 「暮らしの実験室」の幸福論
第三章 デモと遊びと民主主義のアップデートされた関係性
第四章 人類史的重要プロジェクト 保育園の話
第五章 理想社会と食の問題
第六章 僕たちの「革命」
あとがき―國分功一郎

二人とも60年代70年代の学生運動とかには否定的だ。
日本の左の人たちは、反対をするだけで、現実的な対案をもたないと。。。。
しかし、現在の脱原発運動などには、肯定的であるようだ。
学生運動から脱原発運動、ヘイトスピーチ、ネトウヨに至るまで、いろんなことを話し合っている。
また、介護についてはあまり話し合っていなかったが、保育園、幼稚園、外国の社会保障などについても話し合っていた。
古市氏は、ノルウェーに留学経験があり、國分氏は、フランスにいた経験があるので、それらの国の社会保障の感想を詳しく語っている。
國分氏は、ネトウヨとヘイトスピーチについては、明らかに批判的で、三十代、実家暮らしでフリーターの男性が面白半分、怒り半分で在特会の運動に参加しているケースや、父親がパチンコにはまって自分が不幸になったという女性が、その不幸を、パチンコ屋の経営者に多いと言われている在日朝鮮人にさかうらみとか言いがかり的に怒りをぶつけて運動に参加するケースを挙げている。
確かに、そういったケースも多くあって、一つの真実ではあるのだけれども、國分氏が肯定的に捉えている脱原発運動だって、結局のところ、根はいっしょなのではなかろうかと思う。
何が一緒かというと、結局、現実にのっとった運動ではないから、なにかをスケープゴートにするような運動だから、それらの運動が現実の政策とか今後の政治に活かされることはないということだ。
かれらは、反○○だとか、いろいろな主張をのべるわけだが、じゃあどうしたいのというと、どうしたいかが分かっていないのではなかろうかと思う。
まあ、もう少し古市氏の本を読んでみようかと思っている次第。

自分の評価
★★★☆☆50点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。